2016年09月10日

テレビが癌治療の進歩を伝えていた。新しい放射線治療の仕組みと完治した患者の報告である。私の生きた時代は科学や医学が猛烈に進化した時代らしい。
見浦家は癌の遺伝子を見事に伝えている。野村の祖母が胃癌、父が直腸癌、母が肝臓癌、妹は癌だと言ったが幸い完治した。孫が喉のリンパ腺に癌、これも医学が進歩したおかげで命は取り留めた。

癌は細胞分裂のときの母細胞と違った細胞を作り出すところに原因があるという。ところが神ならぬ人間は、基本的に細胞分裂で母細胞と同じ細胞を作り出す筈が、少しばかり狂った細胞を作り出すという。その数一日に数千個と言うから、人間は癌という地雷の中で生きているようなもの、これは神様の大きなイタズラ、現実にはキラー細胞なる正義漢がその狂った細胞を常に退治して癌の発生を防いでいてくれる、それで我々は生きることを続けることが出来るというんだ。ところがキラー細胞も生き物、完璧ではない、時には癌細胞を見逃す、そのがん細胞が運良く、いや運悪く定着して増殖し始めて癌患者の誕生ということになる。

そこで、私は出来るだけ自然の中で生活し、そして自然の食品を愛用することを推薦する。人間は本来自然の子、ところが近代社会になって自然から遠ざかる生活が近代化ということになった。
20年ほど前、”世話になったら他人に返せ”の前田先生の教えに従い、野菜つくりをするリタイヤ老人へ堆肥の無料提供を始めたんだ。ところが何でもお金で解決出来ると思い込んだ連中は無料で高品質の堆肥がもらえる、ということが理解できない。見浦牧場の無料堆肥には確かに裏読みはあるが、これは私欲ではない。老人が身体が動かなくなって、病院のベットで呻吟しながら最後を迎えるよりは、畑に出て野菜を作り、自家用の果物を作って、食べて周囲におすそ分けをする。堆肥が充分な作物が旨いのは当然で、誰にも喜ばれる。それが励みになって畑に出る。
新鮮な空気と日光と、それが健康を約束してくれる。そして健康な身体のキラー細胞は懸命にがん細胞を退治してくれる。素人の思い込みかもしれないが身体の動く限り畑に出て自然と親しむ老人は、病院で何本もの管に繋がれて最後を迎えることが少ないことを私は知っている。

年末にも18年ここへ堆肥を取りに来て野菜つくりをしていますという、ご夫婦がこられた。さすがご主人は足が少し曲がったがお元気、この堆肥で来年もと意気込みは高かった。

癌は細胞分裂時、遺伝子配列が母細胞と異なるところから始まるという。生物は老化した細胞の代りに細胞分裂で新しい細胞と置き換えて生命を維持してゆく。ところが人間も、その細胞も生き物、新しい細胞が元の細胞と同じものに再生するといっても、膨大な数の細胞の再生が行われているのだ。完全無欠というわけには行かないのが生物であり、それが進化の条件なんだ。
そうして母細胞と少々違った細胞が出来るんだ。その違った点が細胞の寿命をつかさどる部分で、ここが機能しないと無限に生き続けて増え続ける、それが癌である。
勿論、体の方も無抵抗ではない。キラー細胞なる警官がいて常時この無法者を退治しているのだが、不健康な生活で体力が衰えるとキラー細胞も実力を発揮できなくなり、癌細胞を見逃して増殖を許してしまう。

無学の私の独断と偏見ではあるが、人間は出来るだけ自然に接して、適度に身体を動かし、飲酒や喫煙や薬物を避ける、それが最良と信じている。だから小さな畑でも結構、太陽の下で花や野菜や果樹をつくろう、と提唱している、そのための堆肥は無償提供をします、を、もう何十年も続けている。

また春がやってくる。何組かのご夫婦が長靴、スコップのいでたちで、軽トラに乗ってやってくる。どなたも長い、長いお付き合い、そのお元気な姿を見ると幸せな気分になる。人間は自然の子、少しでも暇があったら日光を浴び、新鮮な空気を吸い、与えられた時間を精一杯生きる、それが本当の幸せだと思うのだが。

2016.2.3 見浦哲弥

posted by tetsu at 10:42| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。